〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
瀬戸だより632号「釉の変化」という話
0

     さて、今週は台風接近中の瀬戸です。この地方、これから夜に向けて台風がやってきます。またさらに進路になる西日本の皆様には(先日の豪雨被害があった地方の方は特に)ご注意してお過ごしください。東から西へという変なコースの台風です。何事もなく過ぎてくれるのを願っています。

     

     長いお付き合いのお客様と話していると「こんな感じで流れるかなあ?」「最近はどんな感じ?」と釉薬のことを確認されることがあります。数年前にお届けした商品の追加やサンプルが古いものしかない場合とかです。手作りの器を理解していただいているわけで、ありがたい言葉です。

     ちょっとした釉薬の変化(元の原料が変わるとか窯元が改良を加えている)であったり、窯の調子(温度の上がり方)などで釉薬の色合いや流れ方は結構影響を受けます。同じように作っている場合でも長年のわずかな変化の蓄積で、以前のものと比べると「あれ?」と思うこともあります。

     以前作っていた古いサンプルを持って窯元を訪ねると「あー、これかあ。今はもうちょっと濃くなっているよ」とか話されることもあります。

     特に流れやすい釉(御深井など呉須や鉄で書かれた文様を流れで変化をつけるものなど)は流れすぎると失敗、流れなくても失敗という微妙な調合や窯の温度調整となる場合もあるので大変です。ちょっと思ったより流れちゃったかな…くらいが変化が大きくてものとしては面白く感じますが、次回もこれと全く同じでと言われると難しい場合もあります。そのあたりはもちろん作家さんも窯元もベストの条件を経験則から導き出して「いつもベスト」の状態を目指しています。

     

     古いお客さんとは同じ作り手の同じ釉薬でも「あの頃の感じが良かった」「最近はすごく良くなった」さらには「先代の色合いにそっくりになってきていい」など、深い会話ができるようになってきます。わたしたちにとっても楽しい会話・時間です。なぜなら、お客さんと当店だけでなく作家さん(窯元)も揃って長くお付き合いが続いているということですから。楽しく会話です

    | 陶磁器 | 16:27 | comments(0) | - |
    瀬戸だより618号「箱の話」という話
    0

       箱の話。

       お客様に商品として陶器をお渡しする際には、箱に入れてというのが基本になります。木箱であったり、化粧箱(紙の貼箱)であったり、トムソンと呼ばれる型で打ち抜いた段ボール箱だったり、それは状況によって変わります。今回は木箱の話です。

       私たちの手元に届く時にすでに木箱に入れて届く場合、当店で木箱を用意する場合、作家さんや窯元によって違います。でも、どんな場合でも作家さん自身に箱書きをしていただくことは変わりありません(稀に違う時もありますが)。

       木箱の材質と言えば、桐(キリ)になりますが、以前は一般的な箱はモミが主流でした(桐は高級品ですね)。それが30年くらい前から桐箱に置き換わりました(当店の場合)。

       中国からの輸入材が安く安定して入手が出来るようになったことが理由です。モミよりも細工がしやすい(やわらかい)ことや節目などが少なく(そういう部分をよけて張り合わせたりして製材されている)効率よく作業できるため、箱屋さんから「桐箱転換」を提案されたのをおぼえています。

       中国産の桐は国産のものと比較すると木目が広いのが特徴のようです。それだけ育つのが早いということでしょう。色もより白いようです。日本の桐とは多少違いますが「桐」の木であることは違いないと聞きます。生育環境の差でしょうか。

       実際に中国では広い畑(広大な!)にまっすぐ伸びる道沿いに桐が並んで植えられ、育つたびに定期的に効率よく伐採・植え替えされるようです。

       保管する環境によって(問題は湿気かな?)で変色しやすいこともあるようです。そこが保管上の注意点のように思います。

       会津あたりが最高級とされる日本の桐はやはり木目の美しさなど、比べるとさすがに違います(まあ当たり前ですが)。やっぱりいいですよ。というものの、中国産でも桐箱はやはり(モミよりはずっと)高級感は感じますね。

       

       箱の話は今後も時々続く…予定。

      | 陶磁器 | 23:28 | comments(0) | - |
      瀬戸だより578号「犬山と犬山焼」という話
      0
        犬山の剣道大会で見た「犬山焼の優勝皿」

         

         犬山の大雨は驚きました。

         昨日の午前中はせともの祭廉売市申込み。受付の手伝いで組合にいました。窓から空を眺めながら「なんとか雨は降らずに済みそうですね」という会話をしていて、帰ってきてニュースを見たらあの風景…。春の花見のイメージの五条川があんなことになってるなんて。驚きでした。

         

         犬山の皆さんには心よりお見舞い申し上げます。

         

         

         犬山と言えば今回も落雷で天守の鯱が損傷した国宝の犬山城が有名ですが、陶器で言えば「犬山焼」があります。

         

         江戸時代に諸藩の殖産興業として様々な国焼の焼物が登場します。犬山焼もそのひとつです。京都や瀬戸などからの技術を取り入れて完成されていったその焼物は、赤絵や雲錦手を特徴にしています。

         日常的な器というよりは、茶道具や装飾としての器というイメージがあります。華やかで雅な作風は乾山の焼物を思い起こします。

         

         基本勉強不足の私ですが、犬山のお客様の家を訪ねた際に犬山焼の花瓶や飾り皿をいくつか見せていただきました。たぶんその時が犬山焼を意識してみた初めての時だったと思います。

         周辺を多くの陶磁器産地に囲まれている中で独特の発展をしてきた犬山焼。考えてみれば、江戸時代にお庭焼きとしてスタートした焼物ですので、瀬戸、美濃、常滑など周辺の大規模産地と同じものを作っていては意味がないということもあったのかもしれません。ちょっと違ったからこそ、今に伝わっているんじゃないでしょうか。

         

         以前に子どもが参加した犬山の剣道大会、優勝の盾は犬山焼の大皿でした。今も地元に愛されている焼物文化としての犬山焼を感じました。

         

         犬山城近くは昔の城下町の雰囲気を活かした商店なども並び、訪ねていくと面白い発見も多いところです。今回は多くの被害が出たようですが、落ち着いたタイミングでまた出掛けてみたいと思います。

         

         

         今夜は瀬戸・品野の祇園祭。お出かけの方は駐車場へのルートをしっかりご確認の上で、ただ通りがかるという方は国道は通れませんのでご注意を。

        | 陶磁器 | 17:20 | comments(0) | - |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>
        + ●ご注意
        このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + OTHERS
        このページの先頭へ