〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
659号「雛めぐり〜鬼瓦〜ガラス乾板」という話
0

     

     

     寒い日が続いていますが、瀬戸の街は今日からちょっとだけ春になっています。
     恒例の「第18回 陶のまち瀬戸のお雛めぐり」が今日からスタート(2月2日 〜 3月3日)しました。毎年の行事ですが、瀬戸中が雛で飾られる1カ月。春が近づくのが感じられるイベントです。
     雛めぐりの中心になる瀬戸蔵にはシンボルともなる「ひなミッド」が飾られています。高さ4メートルでの4面のピラミッド型巨大ひな壇・ひなミッドには1000点もの陶磁器・ガラスの創作雛が飾られています。今朝、見てきたのですがすでに多くのお客さんが写真に撮ったり眺めたりとひなミッドを囲んでいました。
     期間中は市内で様々なイベントや展示が行われていますし、飲食店では雛めぐり特別メニューも用意されています。一足先に春を感じられるイベントです。

     

     瀬戸蔵ミュージアムで行われているで企画展「建物のキオク −瓦・タイル・テラコッタ−」が行われています……と言っても、明日2月3日までが期間です。いつもこんな紹介パターンですいません。
     瀬戸は陶磁器の産地、様々な器が生産されていますが、瓦やタイルなども作られていました。建物を飾る様々なパーツもせとものが使われています。市内でもそれらは見られます。今も深川神社の屋根は美しい織部の細やかな細工のされたものですし、赤津の雲興寺の本堂の大屋根は釉薬の施されたモザイクのような美しいものです。今回の展示では、今は失われた建物のパーツが展示されています。鬼瓦などは(特に磁器製の瑠璃釉鳳凰鬼瓦などは)それ自体が美術品として通用するほどの美しさです。
     普段は(もしそれを見つけても)建物の一部としてなんとなく見逃してしまいがちなんものですが、こうして展示されると「これも瀬戸の美術工芸品」と再発見できます。(明日までの展示というのが…すいません)。

     同じ瀬戸蔵ミュージアム内で別の展示「ガラス乾板で写された昔の瀬戸の風景」も行われています。こちらの会期は4月21日までですので十分時間はあります!
     大正から昭和初期に撮影されたものになります。当時の瀬戸の街、建物はもちろん、人々の生活や陶磁器作りの現場など興味深い画像がいっぱいです。働く人の息遣いや当時の空気まで感じられるようです。作品の一点一点のコメントもわかりやすいし、手前に置かれた関連資料(個人的には磁器製の当時の現像タンクなども見入ってしまいました)も展示に深みを与えています。
     「建物のキオク」の展示を楽しみに見に行ったのですが、この写真展は思わぬ拾い物でした。瀬戸を知っている人は懐かしさが、知らない人でも当時の瀬戸の賑わいや職人仕事のことが伝わると思います。第1回目のせともの祭の様子など貴重な資料もありますよ。
     ぜひ、このまま写真集とかにまとめてくれないかなあ、簡単なものでもいいから。それだけの価値ある写真です。
     

    | 瀬戸のイベント | 14:13 | comments(0) | - |
    641号「台風警戒だけど、招き猫まつり」という話
    0
      今年は台風直撃でしたね
      
      
       ただいま土曜日11時。朝からしっとりと雨が降っている瀬戸です。
      
       さて、今週末の29日土曜・30日日曜は「来る福招き猫まつりin瀬戸」の2日間です。問題は台風です。もうすでに雨風の強くなっている地方、これから台風が迫りつつある地方、いずれも十分な注意をしてお過ごしください。
       今日29日は瀬戸市内の小学校の多くで運動会が予定されていましたが、金曜の段階で中止・延期を決めたところも多いようです。風雨が強くなるのは予報では日曜ですが、土曜も雨は降る予報ですので賢明な判断だと思います。
      
       問題の招き猫まつりですが、せともの祭と違い建物内の展示などが中心ですので雨風の直接の影響は少ないように思います。ただ、主な会場となる施設、瀬戸蔵・文化センターなどや市内の中心商店街(銀座通りや末広町はアーケードで屋根があります)は大丈夫でもその間の移動は雨対策や十分な注意が必要です。
       また、「当日の天候によって屋外のステージイベントは場所や内容など変更や中止も考えられます」…と言う内容を金曜午後にRADIO SANQで聞きました。金曜日の段階では中止や変更はないようですが、天気次第では当日確認する必要があるようです。(RADIO SANQはインターネットのサイマル放送で全国どこでも聞くことができます)
      
      ■RADIO SANQ
      http://845.fm/
      
       街中がネコであふれるユニークなお祭り。毎年楽しみにいらっしゃる方も多いと思います。天気がなんとか持ってもらいたいものです。
      
      ■来る福招き猫まつりin瀬戸(瀬戸まるっとミュージアム)
      http://www.seto-marutto.info/event/manekineko/
      
       先週も招き猫まつりの話題でしたので、今週は別の…と思いましたが、当日の天候もありましたので内容が重なる部分もありますがご了承ください。
      | 瀬戸のイベント | 11:57 | comments(0) | - |
      瀬戸だより640号「来週は招き猫まつり」という話
      0
        去年の様子

         

         すっかり秋らしい空気になりました。今週は秋雨の一週間になりました。このまま今年はあの『残暑』を感じないまま、本格的な秋になってしまうのでしょうか。

         

         来週末、瀬戸は恒例の「来る福招き猫まつりin瀬戸」が行われます(29日土曜・30日日曜)。

         なんとなく、「せともの祭は9月の第2土日、招き猫まつりはその2週間くらい後……第4土日かな?」くらいのイメージですが、実際は「来る福」の語呂合わせで「9月の29日に近いあたりの土日」のようです。今年はまさに29日の土曜日がスタートです。

         

        ■第23回来る福招き猫まつりIn瀬戸

        http://www.seto-marutto.info/event/manekineko/index.html

         

         多くの人で賑わうお祭りですが、(自分の感覚からすると)リピーターで毎年楽しみにしていらっしゃる方も多いように思います。

         内容は公募によって展示される「平成の招き猫100人展」(瀬戸蔵)。そこで招き猫作家の作品(様々なジャンル)の中から来場者の投票によって「日本招き猫大賞」を選定されます。自分の投票した作品が大賞に選ばれるかなど、ワクワクしながら投票を楽しめます。受賞者は翌年の招き猫まつりで個展を開くことになっています。昨年の大賞作家は加悦雅乃さん、個展会場は新世紀工芸館となります。

         文化センター会場では瀬戸焼そばアカデミーの皆さんが昨年の大賞作家デザインのお皿に盛り付けて提供します(700円)。お皿は持ち帰れますので、いいおみやげ・コレクションにもなりますね。各日限定500食となっていますが、毎年売り切れてしましますので、急いで行ったほうがいいようです。

         また、市内中心部のレストランなどでは昨年大賞作家デザインの「陶製招き猫弁当箱」で特別メニューを用意。こちらも容器は持ち帰りできます。どこのお店がやっているのか、また内容も店によって違いますので要チェックです!

         そして、お祭りの最大の楽しみ無料の猫メイク!今年も会場の街のあちこちで行っています。時間によっては待ち時間が長くなるようですので、こちらもお早めがいいようです。街ですれ違う人、お店の人など、大人も子どもも猫顔に変身している様子は最初はびっくりですが、このお祭りの大きな魅力です。

         

         まあ、いろいろ書きましたが瀬戸市おもてなしボランティア映像チームさんがYouTubeに昨年のお祭りの様子をアップしています。

        それを見ると雰囲気がわかっていただけると思います。

         

         

         当店はお祭りには関係しませんので、のんびり楽しむ方に回ります。

         来週末土日ですが、市内の小学校では土曜日に運動会を予定している学校が多いようです。子どもたちとその家族が運動会に参加している分、土曜日の方がお祭りは多少空いているのでは……という予想はどうでしょうか?

         

        | 瀬戸のイベント | 15:25 | comments(0) | - |
        瀬戸だより639号「せともの祭無事終了」という話
        0



           先週末はせともの祭でした。2日間、多くのご来店をいただき、ありがとうございました!
           事前の天気予報は雨。さらに土日とも朝にかなり雨が強く降りました。週末のお出掛けを考えるには不利な状況でした。それでも2日間で28万人(新聞発表)のご来場をいただいたそうで、かなりの賑わいを感じました。
           天気が悪いというものの、前の週の強力な台風通過や今週のずっと降り続く秋雨のことを考えると、青空が見られたという2日間はよかったんじゃないかとも思えますね。
           まあ、天候に恵まれた昨年と比べると売り上げは……でしたが、暑さが厳しい例年とは違い秋風を感じながら涼しくお祭りを行うことはできました。

           当店は普段使いのお値打ちな器から瀬戸の作家さんによる手作りの器まで、いろいろと並べていました。さらにオリジナルの(と言うか、個性的な自作の)音の出せる陶器の法螺貝やら本物の型から作った本物そっくりのせとものたい焼きオブジェなど他にはない(変な)商品も並べていました。それが目についたおかげか、土曜日に地元のケーブルテレビの生中継の取材を受けたりしました。また、「写真撮っていいですか?」というお客さんも多くいらっしゃいました。そのあたりまでは例年もあることなんですが、今年は翌日曜日に「あ、ケーブルテレビに出ていた店だ」とか「昨日、インスタで見た」「ツイッターで見て探してきた」などという声をたくさん聞きました。SNSの影響を感じるとともに、ケーブルテレビも地元への発信力が想像以上にあることを感じました。これで来年もさらに変なものをがんばって作って行こうと意欲が増しました(そういうことでいいのか?)。

           天候は「最高」とは言えない2日間でしたが、お越しいただいたお客さまとお祭りを楽しく過ごすことができました。感謝いたします!

           この後、瀬戸は今月末の29日土曜・30日日曜の「来る福招き猫まつりin瀬戸」など秋のイベントが続きます。天気に恵まれるといいですね!

          | 瀬戸のイベント | 15:21 | comments(0) | - |
           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          282930    
          << April 2019 >>
          + ●ご注意
          このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
          + SELECTED ENTRIES
          + CATEGORIES
          + ARCHIVES
          + MOBILE
          qrcode
          + LINKS
          + PROFILE
          + OTHERS
          このページの先頭へ