〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
瀬戸だより585号「来週はせともの祭」という話
0

     

     9月になりました。9月です。瀬戸のお祭り月間ですね。

     

     来週の週末、9日と10日の土日はいよいよ「せともの祭」です。

     市内中心の会場周辺は看板が立ったり、せともの人形が飾られたりとお祭りの準備が進み、雰囲気が高まってきています。

     

     廉売市がお祭りの中心になりますが、今年は昨年よりぐっと出店数が増えています。

     申込みなど受付を手伝ってきたのですが、一般(陶磁器の業者ではない個人の作家活動をされている個人やグループ)の出店が増えたように思います。

     秋に毎年行われてきたナゴヤドームのやきものワールドが今年は行われないということで、その影響で業者のせともの祭参加も増えたようにも聞くので、にぎやかなせともの祭になりそうです。

     

     もちろん今年も廉売市以外にも様々なイベントなどが用意されています。

     

    ■せともの祭

    http://www.setocci.or.jp/setomonomatsuri/

     

     で、当店ですが、今年の出店場所は瀬戸川沿いの日本堂さん前(信用金庫側)になります。多くのご来店をお待ちしています。お気軽に声をかけてくださいね。

     今年もせともののたい焼きオブジェと陶器の法螺貝(ぷおお〜!)、大きなすり鉢などが目印になると思います。

     くわしい場所はこちらでご確認ください。

     

    http://web-setomono.com/info.html

     

     私もPTAで関係しています水無瀬中学校の出店は瀬戸蔵の屋外広場となっています。特別支援学級の生徒たちが中心になった個性的な作品が販売されています。こちらもぜひお楽しみください。

     

     まだまだ準備の最中ですが、楽しいお祭を皆さんと一緒に過ごせるよういろいろなお買い得な器など用意しています。よろしくお願いいたします。

    | 瀬戸のイベント | 10:28 | comments(0) | - |
    瀬戸だより579号「せともの祭の9月に向けて」という話
    0

       

       梅雨明けしました。暑いです。

       子どもたちは夏休みに入りました。暑いです。

       夏本番です。

       

       昨日は朝、せともの祭の廉売市会場の線引作業に参加してきました。

       毎年この時期に行う暑い暑い作業です。

       

       これは先週、せともの祭廉売市出店者の申込みが終わり、出店数が確定したのを受けて実際の会場(路上)で必要なだけ決まったスペースを区切って、文字通り線を引く作業になります。まあ実際には四角をテープを貼って来るのですが…。

       

       ここ数年、出店数は増え続けているのですが、今年もさらに増えています。数が増えればより多くの商品(陶磁器が)見ていただけるわけです。そのための準備がこれから続々と続きます。

       

       8月にはいよいよそれぞれの出店者がどこの位置に店を出すかの抽選が行われます。この7月に線を引く作業をするのは、8月のその日までに必要な数と場所を会場に確定しておかなきゃいけないということなんです。

       というものの、9月のお祭りの(すごく具体的な)作業を今しているとは外からは理解しにくいようで、作業中にも「来月の何日だったっけ?」と通りがかりの方から聞かれたりしました。9月です。9月第2土日、今年は9月9日土曜日と10日日曜日になります。

       

       父がなくなって私が店を継いだのが18年前。その後、せともの祭に出店するようになり、組合(瀬戸陶磁器卸商業協同組合)でも様々なお手伝いに参加させていただくようになりました。それ以前と比べると、せともの祭の裏方の仕事も増えてたいへんなんですが、深く関われるようになり、色んな角度からお祭りを見られるようになり、せともの祭自体がどんどん好きになっていくのが自分でもわかります。一般的に言ってもどんなお祭りでも深く参加したほうが面白いのは確かなようです。

       

       お祭り当日や事前のPR活動にも活躍していただく、ミスせとものも決まったようです。

       

       自分の出店する店の準備もこれからペースアップで準備を進めていきます。

       9月のせともの祭会場で皆さんとお会い出来、楽しい時間を過ごせるように暑い中頑張っていきたいともいます!!

      | 瀬戸のイベント | 17:39 | comments(0) | - |
      瀬戸だより577号「さあ、後半戦だ!」という話
      0

         

         大雨の被害を受けた地方の皆さんには、心よりお見舞い申し上げます。

         

         まずは先の日曜日、藤井聡太四段は残念でした。

         ニュースでも瀬戸市内の応援の様子などが流れていましたね。あちこちで聞かれる「お疲れ様」…というのは、今までの連勝のプレッシャーから開放されたという意味であり、本当の彼のプロ棋士としての活躍はこれからずっとずっと続いていくわけです。

         勝った試合より負けた試合の方から学ぶものが多いとはスポーツでもよく聞きます。今回の負けも確実に藤井四段のこれからの糧になるはず。また、佐々木五段のこの一局にかける鬼気迫るものも伝わってきました。今後も何度も対局をすることになるでしょう。名勝負数え唄…そんなものになる気がします。

         

         

         さて。昨年暮れのデビュー戦から続いた将棋フィーバーも少し落ち着きを取り戻したところで、気が付くともう7月。今年も後半戦なんですね。

         

         今日から天然の川をせき止めて作られる岩屋堂のプールもスタートし、来週末は品野地区で地元に愛されるお祭り・品野祇園祭も行われます。国道を止めて、山車が登場、品野音頭の踊りやバンド演奏など、盛り上がる夜祭です。自分はここ何年かはお祭り自体は行っていませんが、この季節に品野の街を通りかかるたび、徐々に作られていく飾りや提灯を見ると本格的な夏の訪れを毎年感じます。

         

         瀬戸の夏のイベントは「せとなつ」としてまとめられて、パンフレット等になっています。下記リンクがそうです。瀬戸の夏を楽しみたい…そんな方はぜひご参考に!

         

        ■せとなつ2017(瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会)

        http://www.seto-marutto.info/event/setonatsu/index.html

         

         また、来週はせともの祭の廉売市申込みがあります。いよいよ9月のせともの祭に向けて具体的な作業が始まります。ここで出店数が確定すると、すぐ翌週には(毎年猛暑の作業なんですが…)実際の会場での出店場所の計測作業になります。8月には出店場所の抽選会、そしてせともの祭当日へと、スピードがどんどん上がっていくようです。

         

         もう随分前に干支のカタログもメーカーさんから届いています。来年の干支は戌。身近にいる動物だけに逆に難しいとも聞きます。干支のメーカーさんは(毎年のことですが)すでに年末に向けて着々と準備されているようです。

         

         将棋の話題で独占だった瀬戸の街の今年の前半、後半はどんなことが話題になっていくか……あっという間に一年が過ぎて行っちゃいそうですね。

        | 瀬戸のイベント | 17:17 | comments(0) | - |
        瀬戸だより564号「陶祖まつり」という話
        0

           

           今週は市内の小学校中学校では入学式が行われました。そしてそれに合わせるように桜も見頃を迎えたようです。今週末、天気は今ひとつですが、桜の方はベストのようです。

           

           瀬戸の4月。来週末15日土曜・16日日曜は「せと陶祖まつり」となります。

           秋のせともの祭とは比較できませんが、尾張瀬戸駅前近くにはせともの楽市として廉売市が出たり、和太鼓演奏や陶神オリバーショーなど様々なイベントが用意されているようです。

           

           陶祖まつり。鎌倉時代、瀬戸に陶器の進んだ技術を伝えたとされる陶祖・加藤景正(藤四郎)に感謝するお祭りです。陶祖は深川神社内にある陶彦社に奉られています。

           陶彦社は知恵や創意工夫、ものづくりの神様として、多くの信仰を集めています。最近では「お願い狛犬」として、やきものの狛犬一対(これは神社で求めることが出来ます)のひとつに絵馬のように願い事を書き陶彦社に奉納、もう片方を自分の手元に置く、と言うことで人気があるようです。

           もともとは陶祖・籐四郎が深川神社に良質の土に瀬戸で巡り合ったことに感謝し、狛犬一対を奉納したことにちなんでいます。その狛犬も重要文化財として神社の宝物殿に安置されています。ただ、今は吽形一体のみ(盗難にあったと伝わっているらしい)で、それも200年ほど前に火災で前足失い木で修復された姿となっています。

           

           秋のせともの祭が廉売市が中心の「産業祭」であるのに比べると、陶祖まつりはお祭りらしいお祭りという印象が私にはあります。町内ごとに子どもの担ぐお獅子が出て、子どもたちにお菓子が配られています。子どもの頃はとても楽しみでした。

           日曜日には御物奉献行列として、駅前のパルティせとから陶彦社まで瀬戸焼業界の代表者が御物(陶物)を献上するというもの。ミスせとものも参加する歴史を感じさせる行列となります、

           

           当店は廉売市などには参加しませんが、その分お祭りを楽しみたいと思います。

          | 瀬戸のイベント | 00:18 | comments(0) | - |
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          262728293031 
          << August 2018 >>
          + ●ご注意
          このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
          + SELECTED ENTRIES
          + CATEGORIES
          + ARCHIVES
          + MOBILE
          qrcode
          + LINKS
          + PROFILE
          + OTHERS
          このページの先頭へ