〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
瀬戸だより575号「連勝記録とか観光案内所とか」という話
0
    画像は29連勝達成時の市民からのメッセージ

     

     今週も瀬戸在住のプロ棋士・藤井聡太四段は勝ち続けています!!

     歴代1位タイの28連勝!!

     地元でもコニュニティFM・RADIO SANQがファン交流会を開催したりと盛り上がっています(プロ入り以前からインタビューとかもしていますし)。28連勝前後には各テレビ局も瀬戸市内で街頭インタビューをしています。地元もどんどんヒートアップしています!!

     

     

     少し前の「瀬戸だより」でも紹介しました尾張瀬戸駅前のパルティせと1階にできました観光案内所。今月始めには正式にオープンしました。駅を降りて改札を出て真っすぐのところとなります。

     

     以前より観光に力を入れてきた瀬戸。年間を通してイベントの数も増えています。そして、先日の日本遺産登録と見ていただきたいところもいっぱいです。

     気軽にそういった情報を入手出来る場所の登場は観光で初めて瀬戸に来たという方には心強いのではないでしょうか。

     

     現在は案内所の中には陶芸協会の作家さんの作品展示がされています。見てきたましたが、器や花器などが中心ですがなかなか見ごたえのある展示でした。小さなギャラリーっぽい雰囲気もありますね。

     今後は季節や開催されるイベントに合わせた展示がされていくようです。これからは瀬戸に来たらまずここで情報収集と予習をして観光に行くというのもいいように思います。

     

     そして以前も書きましたが、瀬戸土産のお菓子なども販売されていますので帰りにも寄ってお買い物というのもありですね。特に日曜日にはここパルティせとで「日曜市 サンデーストリート」として様々なお店が並びます。身近なアートや食品など毎週好評です。合わせておすすめです。

     

    ■パルティせと店舗会(facebook)

    https://www.facebook.com/partiseto.store/

     

     ただ、今はパルティせと外側ではツバメが子育て真っ最中です。頭の上への「落下物」にしばらくは要注意です。

    | 観光・見どころ | 21:34 | comments(0) | - |
    瀬戸だより570号「新しい観光案内所」という話
    0

       

       今週も瀬戸出身の中学生プロ棋士・藤井聡太くんの連勝は続いています。市役所の連勝中を祝う大きな垂れ幕もますます輝きを増しているようです。

       

       昨日は組合(瀬戸陶磁器卸商業協同組合)の総会があり、出席してきました。

       業界内外のいろいろな話題や情報をお聞きしたりしたのですが、海外で、国内での不安定要素もあり昨年同様市場の動向は厳しいものではないか…という見方が基本でした。個別の話は割愛しますが、今月中にはせともの祭の廉売市実行委員会の会議も始まり、9月のお祭りに向かってもうすでにスタートという感じです。

       

       さて本題。

       

       名鉄・尾張瀬戸駅前、パルティせと入口に観光案内所が出来ます。

       先月の陶祖まつりからゴールデンウィークの期間中は仮オープンしていましたので、その時に利用した方もいらっしゃると思います。近々、正式にオープン(5月末ごろとされていました)とのことで、現在は閉まっています。仕上げの工事のようです。

       今までもこの駅前のパルティせとには、観光インフォメーションのカウンターがありおもてなしボランティアの方々が案内されていました。これからはより本格的な瀬戸の案内や情報発信の場所が期待できますね。

       

       仮オープン中にのぞいてきましたが、なかなかの施設でした。その時は瀬戸の名工と言われたような昔の作り手たちの作品が何点か展示されていていました。また瀬戸のおみやげとして推奨されているお菓子などもここで買えるようになっていました。電車で出かける前にちょっと手土産を買う、瀬戸に遊びに来た帰りに買い忘れたお土産を、なんて感じで瀬戸の人にも訪れた人にも便利になりそうです。

       本オープン以降はどんな形に(内容に)なるかはわかりませんが、瀬戸に観光でいらっしゃるお客様も増えていますのでこの案内所で便利になるんじゃないでしょうか。

       せともの祭や招き猫まつりの9月には、おもてなしの中心・入口になっていそうですね。

      | 観光・見どころ | 10:52 | comments(0) | - |
      瀬戸だより560号「まるっとミュージアム」という話
      0

         この時期になると、この間正月だったと思ったら、1月も2月も過ぎてもう3月!っていう感じだったりしますね。この時間のすぎる速さはなんでしょうね?

         先週までは雛めぐりで瀬戸の街も週末は賑わっていましたが、雛めぐりが終わった今週はどうなんでしょう。

         

         瀬戸を観光で訪れたり(別の用でもいいのですが)、お祭りなどのイベントの際に「せと・まるっとミュージアム」というフレーズを目にします。この「まるっとミュージアム」、2005年の愛・地球博の開催決定を受けてスタートした観光事業なんです。

         「まるっと」というのは地元の言葉で全部、まるごとという意味になります。街全体がミュージアムのように見どころが満載、というようなイメージでしょうか(ひとまず自分はそんな理解、印象を持っています)。シンボルマークも印象的です。

         

         万博以前の瀬戸を思い出すと、せともの祭などのイベントを除けばなかなか見るべき場所を想像できなかったところもありました。遠くから知人が訪ねてきても「さあどこを案内しようか…」とさえ思ったくらいでした。万博以前、瀬戸蔵もな駅前にはパルティせともなく、どこかにといえば県の陶磁資料館(現・陶磁美術館)まで足を運ばなければならなかったと記憶しています。

         今は、駅(尾張瀬戸駅)から歩いて回れる範囲で展示施設や観光を意識した街づくりというのがわかりやすく展開され、「瀬戸を案内する」ことが気楽にできるようになったのは確かです。

         

        ■まるっとミュージアムとは

        http://www.seto-marutto.info/marutto.html

         

         市の「まるっとミュージアム推進プラン」(平成21年)などを見ていると(ざっとね)、観光から人の交流まで以前より(すべてが計画通りかはわかりませんが)たしかに盛んになっているように思います。

         たぶん、瀬戸が観光というものを考え、行動するようになって10年あまり(万博がスタートと考えて)。瀬戸のイベントに来る時、街を歩く時、ちょっとそのあたりを意識してみるとまた違った発見があるかもです。

         

        | 観光・見どころ | 13:27 | comments(0) | - |
        瀬戸だより557号「陶神と陶壁」という話
        0

           

           今日は瀬戸市体育館で秋田杯少年剣道大会を応援してきました。これはお隣の市・尾張旭市にある道場が毎年行っているもので、小学生中学生が全国各地から参加する、この地域では大きな剣道大会です。うちの中学生も参加ということで、なんだかんだで一日剣道観戦してきました。

           今年の大会は瀬戸のご当地ヒーロー「陶神オリバー」が開会式で登場して子どもたちから声援を受けたり、参加賞もオリバーのクリアファイルだったりと集まった子ども少年剣士たちも楽しんでいたようです。主催された方たちの心憎い演出というところでしょうか。

           

           

           まあ、こういう大会の観戦に行くと、どうしても待ち時間が出来てしまいがちです。こういう時には瀬戸の多くの公共施設に設置されている「陶壁」鑑賞してみましょう。

           瀬戸市体育館の中央通路の真ん中あたりにその陶壁はあります。瀬戸の陶芸家、加藤作の陶壁。

           左上に金色に輝く太陽がその下には2羽の孔雀が重なるように。全体には濃いグリーンの釉薬が掛けられています。孔雀、グリーンの釉……どちらも加藤氏の作風を語る上では欠かせないモチーフですね。

           暗めの体育館の通路の上の方に設置されているせいか、重い感じに見えてきます。ちょっとホコリを被っているように見えちゃうのは実際にそうなのか、釉の関係か…というところですね。プレートに1979年と書かれているので、この体育館が建てられた時に設置されたと思われます。

           この時代、この作家さんたちが活動を盛んにされていた時期、また瀬戸市に様々な公共施設が建てられた時期と重なるようで、この加藤作の陶壁は市内各所で見られるように思われます。

           わざわざ見に行くというよりも、たまたま体育館に行った時に見上げてみたという程度でも結構です。建物と陶壁。鑑賞してみるのは楽しいものです。 

           

          | 観光・見どころ | 23:13 | comments(0) | - |
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          << June 2018 >>
          + ●ご注意
          このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
          + SELECTED ENTRIES
          + CATEGORIES
          + ARCHIVES
          + MOBILE
          qrcode
          + LINKS
          + PROFILE
          + OTHERS
          このページの先頭へ