〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより623号「箱の話2〜真田紐」という話 | main | 瀬戸だより625号「土練機がやってきた」という話 >>
瀬戸だより624号「ガラスの魅力」という話
0

     

     

     6月です。

     瀬戸市新世紀工芸館で開催中の企画展「井上剛 谷口嘉 集散する光」を見てきました。この企画展はガラスの展示で、すでに3月31日から始まっていたのですが、なかなか見に行けず、展示期間の後半になってしまいました(6月17日まで)。

     

    ■井上剛 谷口嘉 集散する光(瀬戸市新世紀工芸館)

    http://www.seto-cul.jp/information/index.php?s=1519896052

     

     二人のガラス作家による作品が並びます。井上さん、谷口さんとも展示資料の略歴を見る限り特に瀬戸とは関わりのない作家さんの様です。

     井上さんの作品は1階展示室の比較的小さな作品や大きな輪のオブジェ、ゲートのような作品まで、「鋳造」によって製作されています。展示ケースの中の作品はガラスのブロックの組み合わせ(様々な形もある)がケース下から照らされています。その透過してくる光によって表面のテクスチャーやガラスの中に封じられた気泡などが見ることができます。

     谷口さんの作品は壁に何かの標本のようにピン(釘)でガラス片や三角柱のプリズムのようなガラスが無数に(浮かぶように)留められています。展示照明によりそのガラスやピンの影が壁に映し出されています。

     二人の作品は展示のタイトルの示すように「集散する光」がテーマです。

     

     普段私たちは陶磁器の器を扱う仕事をしています。陶磁器の表面の輝きやざらつき、触れた時の感覚には慣れ親しんでおり、ある程度は敏感になっているのですが、ガラスという素材の持つ「透過する」という特性を今回の展示で再確認したような気がします。透過という特性はガラスの描き出す(ほかの素材にはない独特な)「影」の美しさとして現れます。光と影の紡ぎだす素材の魅力でしょう。

     残念に感じたのは展示室内に用意される光は展示ライトの画一された光であり、例えば一日の中で様々な変化を見せる窓からの光など、様々な質と強弱を伴った光を浴びることにより変化を想像するしかないこと。たとえ小さな作品であっても窓際に置かれたガラス作品は(ガラスのコップに注いだ水の影ですら)時間、季節によってより多くの魅力を放ってくれる……ガラスの魅力を感じてきました。

    | 展示感想 | 17:48 | comments(0) | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ