〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより621号「名古屋城でやきものワールド」という話 | main | 瀬戸だより623号「箱の話2〜真田紐」という話 >>
瀬戸だより622号「名古屋城の御深井焼」という話
0
    名古屋城石垣

     

     

     前回、話題にした名古屋城のやきものワールドは今日からスタートです。なんとか時間を作って行きたいと思っていますが、どうなるか……。

     

    ■やきものワールド

    http://yakimonoworld.jp/index.html

     

     行くことができたら、ぜひ見たいと思っているのは「御深井焼と名古屋城」の展示です。

     御深井というのは今は瀬戸を代表する釉薬となっていますが、もともとはここ名古屋城内の御深井丸での御庭焼が始まりとされています。今も御深井丸展示室(特に陶器の展示じゃないみたい)があったり、隣接する名城公園には御深井池もあります。

     

     御深井というのは不思議な釉薬に思います。作家さんにより御深井の色合いや加えられる技法が違い、「御深井」と一言で言っても様々な雰囲気があります。

     一般的に瀬戸でイメージされるのは薄い水色の釉薬の御深井じゃないでしょうか。涼しげであり、夏向けな色合いです。焼成時に流れやすい釉で器の底に流れた釉が厚く溜ったり、表面もろくろ目などに沿って濃淡が見られるのもこの釉の魅力です。また流れやすい特徴を利用して、呉須で描かれた文様が流れることでさらに釉に変化をつけることもあります。また透明感があるので、彫などの文様も釉を通して楽しめます。

     よく古い御深井を見ていると水色ではないものも御深井とされています。薄い黄色で釉で流れ方次第でより濃くなったり、他の色合いに感じられたりという感じでしょうか。現代の作家さんでもそういった御深井を焼いていらっしゃる方もいます。

     色合いは違っても共通するのはよく溶け、流れる釉ということでしょうか。流れが景色になり、魅力ということです。色合いの違いは(たぶん)窯の焼成の雰囲気の違いということでしょう。焼成の雰囲気という言葉は陶芸の窯ではよく聞くものですが、一般的にはわかりにくいものかもしれません。窯を焼く時(釉薬が溶ける温度になったとき)十分に空気を取り込ませるように焼くのが「酸化焼成」、あえて空気を入れないようにするのが「還元焼成」となります。その酸化か還元かがその焼成の「雰囲気」となります。

     同じ調合をした御深井釉薬を酸化の雰囲気で焼成すると黄色みを帯びた焼き上がりに、還元の雰囲気で焼成すると水色になるということと(私はひとまず)理解しています。御深井釉はそのあたりすごく自由に応用されている釉薬に感じます。

     

     どこかで「御深井」の器を見た際は色合いなど作り手がどのような表現を御深井で行っているかを気にしてみると、楽しいと思います。

    | せともの | 13:33 | comments(0) | - |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ