〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより618号「箱の話」という話 | main | 瀬戸だより620号「越中瀬戸焼」という話 >>
瀬戸だより619号「福猫を探す」という話
0

     

     

     さあ、ゴールデンウイーク始まりですね!!……と言いつつ、9月への準備が始まってます。9月の「来る福招き猫まつり」での「にっぽん招き猫100人展」の作品エントリーが始まったようです。

     出品しようと考えていらっしゃる方は5月31日が締め切りですよ。エントリー後、6月に出品作家が決定なのでその間に制作の時間はありそうです。ご存知の通り分野は広いので、チャレンジしてみようという方はまずはエントリーを!!

    http://www.seto-marutto.info/news.php?s=1524644441

     

     ということで、ゴールデンウイーク。

     遠くに行かずに近場で…という方も多いのでしょうか。瀬戸で「日本遺産のまち 瀬戸をめぐる スマホ de スタンプラリー」というのをやっています(瀬戸の近くに住んでいないと近場じゃないですけどね…)。

     昨年、六古窯の他産地とともに日本遺産に認定された瀬戸。街のあちこちにそのことをアピールする飾りつけもたくさん見られます。日本遺産というのは54件(と言っても六古窯のような複数の地域がまとめられていることもあるので地域的にはもっとなんでしょうが)登録があり、地域単位でその文化を発信・活用していこうというものです。

     

     ちょっと前から、たぶん瀬戸に住んでる人は気が付いてると思いますが、街角のあちこちにいるちょっとかわいい招き猫。この招き猫は「福猫(ふくねこ)」と呼ばれ、ピカチュウなどのキャラクターデザインを手がけたにしだあつこさんの作品となります。今回のスタンプラリーもこの福猫のいる場所がポイントになっているようです。

     福猫。案内看板の上やモニュメントとかの近くなど、よく街で見かけるなあと思っていたら、市内に29体(カ所)あるようです(あっ、福だから29カ所だ!)。見かけるはずですね。市内中心部に集中していますので、歩いて街を散策しながらでも回れるように思います(場所が多いのでそこそこ距離は歩きます。何度かに分けるのもいいかな)。

     そのスタンプラリー、スマホを利用したものになっていて、指定のアプリで各ポイントにあるQRコードを撮影することでスタンプを集めるという仕組みになっているようです。スマホを持っていないといけないようで、子どもたちだけで参加というより家族向きでしょうか(スマホ、持たされていない子もいますしね)。いろいろプレゼントも用意されているようですので、ゴールデンウイークに参加されてもいかがでしょう(5月31日まで)。

     

    ■日本遺産のまち 瀬戸をめぐる スマホ de スタンプラリー

    http://setostamprally.com/

     

    | 瀬戸のこと | 23:18 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ