〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより616号「愛環30年」という話 | main | 瀬戸だより618号「箱の話」という話 >>
瀬戸だより617号「動力ろくろ」という話
0

     今日と明日はせと陶祖まつりです。天気の予報がちょっと良くないようで心配ですが、盛り上がる2日間になってもらいたいものです。

     

    ■第57回せと陶祖まつり

    http://www.seto-marutto.info/event/tousomatsuri/

     

     さて、今回はろくろの話。

     「瀬戸だより」では今までもろくろやろくろ周りの道具について書いてきたりしました。昔は手回しで(瀬戸では足で蹴って回す蹴ろくろは使っていません)、ろくろの表面にある穴に棒を差し込みくるくるとまわして、その勢いがあるうちに形を作るというもの。一つの器の成形でも様々なスピードで成形されているわけで、どこか面白みにつながっているんじゃないかと思います。

     現代はで電気モーターで回すろくろが主流です。皆さんも見たことあるろくろと思います。普通にろくろと言えばこれのことです。

     それとは別に「動力」と呼ばれるろくろがあります。動力ろくろ。

     さっきろくろは電気の動力で回しているって言ったじゃん…と言われるとややこしいのですが、動力と言えば別なんです。

     ろくろですから水平に回転する円盤がありその上で土を成型する…ただ動力というろくろはそこに石膏型があり(円形の)その回転する型に土を入れ、その型に合わせてセットされたヘラ(多くは金属製、てこのように一方が固定されたレバーのようなバーにセットされている)で成形するものです。つまり、器の外型は回転する石膏型で、内側は固定された金属のヘラで押さえることで成形する、そんな成型方法です。

     ろくろで回転する石膏型は固定された土台部分と実際の土の入る型の部分の2点の組み合わせになっています。成型後の器はある程度乾燥するまで型部分の石膏に入ったまま外されます。この型部分の石膏型は同じものがたくさん用意されていて、次々と効率よく生産できるように工夫されています。

     ……と文字に書いて説明しましたが、たぶんうまく伝わらないような気がします、残念ながら。YouTubeで「動力ろくろ」で検索するといくつかその動画が出てきますので、確認いただくと言いたいことがわかると思います(普通のろくろの動画も多く混ざっていますが)。まあこんな感じ。

     

    https://youtu.be/ryFIXRmjVhI 

     

     型から出した後は通常のろくろと同様に高台を削り出したりという仕上げを行い、装飾を施します。出来上がりは鋳込みなどとは違うろくろ独特の雰囲気が出てきます。

     効率よい量産の道具といった感じですが、これもやはり職人技が必要です。器の大きさに見合った土の塊の感覚、ヘラの力加減など一朝一夕では出来ないようです。実際にこの作業をされているのを見ていると、放り込まれた土がヘラで型に押し付けられ、型から余ってはみ出す土の処理など、リズミカルに形を変えていく土を見ているのも気持ちのいいものです。まさに職人仕事のリズムです。

     型をいくつも用意しなくてはいけない、ヘラの位置など意外と手間のかかるセッティングなど面倒な部分もあります。瀬戸の窯元さんが少量多品種を手作業で対応という傾向が多いので、最近はこの作業も見る機会が減っているように思います。

    | 作る | 23:30 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ