〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 647号「干支と御題茶碗」という話 | main | 649号「そば猪口アート展」という話 >>
648号「瀬戸の秋」という話
0
    これは赤津の雲興寺さんの参道。

     

     

     宝泉寺のお薬師様も過ぎて、山々の紅葉が一気に見ごろを迎えたようです。


     先週末から今週末は(18日まで)市内の紅葉の名所、岩屋堂でライトアップが行われています。第12回ということで、秋の恒例行事ですね。
     この時期、周辺の道が混みあうのも恒例ですね。夕方からはかなりの混雑となるようです。尾張瀬戸駅からの臨時バス(400円)や車なら名古屋学院大学の臨時駐車場(無料シャトルバスあり)の利用が便利なようです。
    あと、夜のライトアップは冷え込みます。暖かな服装で出かけた方がいいようです。

     

    ■ライトアップ岩屋堂
    http://www.seto-marutto.info/_data/news/1509344569.pdf

     

     岩屋堂のライトアップは今週末までですが、紅葉は見ごろが続きます。山歩きにもいい季節です。まだまだ瀬戸の山々は素敵な季節が続きます。

     


     瀬戸では昔から秋葉信仰が盛んです。お寺や神社でもお祀りされています。街角の小さな祠でも中をのぞくと、秋葉神社の御札が納めてあったりします。寒さが増し、火を使うことも増えてくるこの時期は秋葉神社のお祭りも行われる時期でもあります。
     秋葉大権現、秋葉神社といえば火伏のご利益があります。窯の火を扱う瀬戸の町、火事を防いだり、火を自在に扱えるようにという願いがあったのでしょう。

     

     18日日曜日、瀬戸市の慶昌院で「火まつり」が行われます。
     様々な場所で秋葉信仰のお祭りが行われる瀬戸ですが、中でも一番大きなものがこの慶昌院の火まつりじゃないでしょうか。最近は境内でマルシェがひらかれていて、それも楽しみになっています。そして何より日も傾く夕方5時からは火渡り神事が行われます。これは一般の方も参加できるようです。

     

    ■慶昌院
    http://www.keishoin.or.jp/

     

     我が家も毎年、御札をいただきます。当店の小さな電気窯の近くに置いています。火まつりに行くといろいろな作家さんに会うことも多いので、やっぱり窯の火と秋葉さんの関係は深いようです。
     

    | 瀬戸のこと | 11:05 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ