〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 653号「門松代用紙届く」という話 | main | 658号「インフルエンサーになれるか」という話 >>
656号「テーブルウェアフェスティバル」という話
0

     寒い日が続いています。雨も降らず、乾燥した日々が続いています。ということで、瀬戸でもインフルエンザが猛威を振るっています。くれぐれもお気をつけてお過ごしください。

     

     昨年暮れに組合を通じてFAXが届きました。内容は近隣の産地メーカーの組合からの値上げのお願いでした。陶磁器の価格は様々な要因で決まります。土や釉薬などの原材料の価格、窯を焼くための燃料の価格、すべてに関係する輸送費、そして人件費などでしょうか。
     ここ数年は特に土の問題が話題になります。土資源の枯渇が話題になってきています。土の質が買うたびに変わるというのは以前から窯元で時々聞いています。新規の(粘土の)鉱山の開発というのは難しい時代になってきています。瀬戸市内ではまだ粘土の採掘は行われています。それは瀬戸だけでなく周辺産地でも使用されています。いかに粘土の資源を大切に使っていくかということが大きな課題になっています。
     今回の値上げの件も原料の「これから」ということと別問題ではないと思います。瀬戸の粘土も必ずしも無尽蔵というわけではありません。また、輸送費の値上がりもここ数年問題になっています。今年は多少、皆様の手に届く陶磁器の価格が上がるかもしれません。よりしっかり見て、納得して選ぶことがより大切になってきますね。

     

     しっかり見て選ぶということで、大規模な陶磁器イベントの話題。


     首都圏の皆さま、来月は東京ドームで恒例の「テーブルウェアフェスティバル2019」が開催されます(2月3日〜11日)。

     

    ■テーブルウェアフェスティバル2019
    https://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/

     

     これは全国の陶磁器産地が参加する最も大きなイベントです。もちろん瀬戸からも参加される業者のいますし、また卓越の技「瀬戸織部」〜瀬戸焼〜としてテーマ展示も行われます。(当店は出店はもちろん、まったくかかわることはないのですが)参加されている方の話を聞くと、とにかく人も多く盛り上がり方が違う、とのこと。


     様々な催しが企画されているので一日中楽しめる、器好きにはたまらないイベントとのようです。(入場料はかかりますが)お近くの方は出かけてみてはいかがでしょう。販売のコーナーもありますので、見て触れて、気に入った器を選ぶこともできますよ。

    | 雑感 | 21:33 | comments(0) | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ