〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより724号「せとの魅力再発見」という話 | main | 瀬戸だより726号「家でも器を楽しもう」という話 >>
瀬戸だより725号「瀬戸焼の特徴って?」という話
0

     先日、ちょっとした取材を受けました。瀬戸や焼物について「瀬戸だより」という形で長くに渡り配信し続けていることに関してでした。いつもはひとりで考えて原稿を書くのですが、たまにこうした他からの問い掛けに対して答えると、あらためて考えるきっかけになったり再発見があったりします。

     

     ものすごく根本的な問なんですが「瀬戸の焼き物の特色、魅力って何ですか?」というのは簡単で難しいものです。以前に市が瀬戸焼ハンドブックの編集をするというので、お手伝いで会議に参加しました。工業組合や商業組合(私たちだ)、陶芸協会など瀬戸焼に関係する方たちが集まったのですが、その答えはなかなかまとまらなかった事を記憶しています。瀬戸の土は「白いきめ細やかな土で、何にでも使うことが出来る」。つまりは器(陶器も磁器も)から碍子や建材など工業製品にも使うことが出来るのが瀬戸の土の特徴と言うわけですが、結局この万能性は「器用貧乏」のようなイメージになりかねない……というところで意見は止まっていました。

     その後も自分の中でこの答え(瀬戸焼の特徴、魅力)考えて来ました。まあ、とにかく工業分野まで広げて考えてしまうとややこしくなってしまうんじゃないかと。純粋に器としての瀬戸の特徴(土から)を考えてみましょう。

     

     今回の取材の中でも「瀬戸の焼き物の特徴、魅力」を問われました。自分の用意した答えは次のものです。

     

     瀬戸焼の特徴は土が白いことである。これは他の産地の土に比較すれば「土味」の面白さはない。その代わりたくさんの釉薬が発展した。これは白い故の特徴。さらに技法も多岐にわたり展開された。例えば、瀬戸の土は磁器にも応用出来るので「染付」。土に顔料で色を付ける「練込」。などなど実に多彩。それがひと

    つの産地で出来るのが瀬戸。土味に縛られない分、表現はとても自由。

    「じゃあ、美濃焼の特徴とどこが違うの?」と言われたら、国境(今なら県境)で分けられた背中合わせのお隣さん。昔から職人や技術の行き来もあったから、似てる……と答える(としか言えない……しょうがない)。最近は美濃は瀬戸からの土もかなり利用されていると聞きますし。

     モノの特色ではないですが、粘土はもちろんその他の原料、窯、道具まで、陶器作りのすべてが揃っていて、陶磁器作りを周りからしっかり支えてくれる職人さんやお店がしっかりいるのも瀬戸。

     

     そんなような話をしました。たぶん、他にも答えはあるんでしょうね。「土が白いから、たくさんの釉薬、技法が発達」が私が行き着いた瀬戸焼の特徴です。

     

     いろいろ話しましたが、カットされるかどうかはわかりません。

     ひとまず(東海地方だけになってしまいますが)明日日曜、午後3時からテレビ愛知・サンデージャーナルでこの地方の焼物を特集するそうです。

    | せともの | 14:32 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ