〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより722号「暇過ぎてネットを見ている」という話 | main | 瀬戸だより724号「せとの魅力再発見」という話 >>
瀬戸だより723号「ステイホームで器の点検」という話
0

     さあ、ステイホーム。家の中で出来ることを探してみましょうという話です。

     

     このメールマガジンにお付き合いいただいている皆さま(ありがとうございます)はそれなりに陶磁器に興味がある方と思います(まあ、そうでしょう)。家の中でお手持ちの陶磁器の鑑賞というのも、ステイホームの過ごし方と思います。また、陶芸教室に通われている(多くは自粛中かも)という方は、新しいデザインや文様を考えて過ごす、というのも(再開された時にそなえて)いいかもしれません。でも、うちにはコレクションなんてないし、自作を楽しむなんてこともないですよぉ……という方はどうしましょう。

     普段使っている器を食器棚から取り出して点検をしてみるのはいかがでしょう。忘れていた思い出の器が置くから発見されるということもあるかもしてません。もう少し取り皿を増やさなきゃね、という気付きもあるかもしれません。

     そして、一点一点、手に取って欠けやひびがないかと点検してみましょう。あらあら、こんなところが欠けていた、ちょっとあぶないね。ひびが入ってるから怖いなあ。とかいろいろな問題が見つかるかもしれません。欠けは思わぬケガになるかもしれません。ひびは突然割れて熱いものが手にかかるかもしれません。思い切って処分するとか、大切な思い出のあるものは使用せず保管するようにするとかしましょう。

     その時に目で見る以外の点検方法として指で器をはじいてみることもしてみましょう。テレビの骨董の鑑定シーンでよく鑑定士がやってるやり方です。問題のない磁器はピーンと澄んだ音が、陶器はそれより低い音ですがコーンと音がします。ひびがあったりすれば、響くことがない濁った音がします(例えるなら、ギターできちんとコードを押さえればいい音が出ますが、押さえ方が弱かったりすると濁った鈍い音になる…ということに似ているでしょうか)。音により表面に見えるわかりやすいひびだけでなく、見た目にはわからない「かざけ」と呼ばれる状態も発見できます。かざけは風裂とも書きます。表面の釉薬にはキズがなくても、素地の中が割れている状態です。ちょっとした衝撃や温度の変化で突然パカっと割れるリスクがあります。これは音で判断するしかありませんが、使用を続けるのは危険です。すべての器を指ではじいてみましょう。問題があった食器の買い替えは、リストアップして落ち着いてからゆっくり選んで買いましょう(通販というのもありますね)。

     

     ステイホームで器の点検。おすすめです。

    | 選ぶ・使う | 14:47 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ