〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより721号「ドベ」という話 | main | 瀬戸だより723号「ステイホームで器の点検」という話 >>
瀬戸だより722号「暇過ぎてネットを見ている」という話
0

     週末は雨。ここ数日の雨と風で瀬戸の桜もすべて散ってしまうように思います。今年は長く咲いていたという印象ですが、花見も……ねえ。今は我慢の時です。ステイホームでがんばりましょう。

     

     家の中で過ごす時間が長くなると、どうしてもテレビやインターネットに費やす時間も長くなります。まあ、テレビは繰り返しウイルス関連のニュース話題が流されますので、気持ちもふさがりがちになります。そんな中、ネット動画を見ていると陶芸関係の動画も多いことに気が付きます。

     あたりまえですが、ネットというのはすごいものです。日本国内はもちろん、地球のはるか遠くでろくろを回す姿すら、家にいて見ることが出来るわけです。インスタグラムで何気なく見ていた外人さんの作業、あらためて見直すと南アフリカからの投稿だったりということもありました。

     

     国内でもあちこちにある陶芸教室だったり陶房だったりが、初心者向けのものからかなり高度な内容まで配信したりしています。長年疑問に思っていたことが解決したり、また今後作りたいものへのヒントがあったり、なかなか興味深いものがあります。半面、「えっ、そのやり方で大丈夫なの?」と思うものも正直あります。

     

     陶芸、ものづくりというのは、結局ひとりでその現場でものに向き合うことになります。そこで見つけていく(身に着けていく)ノウハウというのは、「自己流」になりがち(良くも悪くも)です。まあ、そういう繰り返しが面白く、個性や作風の展開につながっていくのは間違いないです。自分のやり方とは違っていても、同じ結果にたどり着ける方法はいくらでもあるので、新鮮に感じます。

     しかし、見ていて何か違う、ちょっとおかしいということもたまにあります。そうならないためにはやはり基礎が大切になってくると思います。なぜこの作業が必要か、このひと手間にはどんな意味があるか……それらがなぜそうなるかを科学的な内容を含めて最初に身に着けているかが作業過程で見えてくるように思います。

     というものの、自分の作業過程も他人から見たら、そこそこいいかげんな仕事ぶりに見えるんだろうなと反省しております。

     

    | 作る | 14:49 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ