〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより720号「分炎柱」という話 | main | 瀬戸だより722号「暇過ぎてネットを見ている」という話 >>
瀬戸だより721号「ドベ」という話
0

     さあ、家の中で何をして過ごすか?過ごし方を考える週末です。

     

     「ドベ」という言葉があります。名古屋弁としても紹介されることもありますが、西日本では使われることが多いようです。東日本では「ビリ」に当たる言葉です。最下位という意味です。瀬戸の陶器作りの現場では別の意味で使われます。重要な役割をするものです。

     

     器を作る際に土と土をくっつける時、例えばマグカップの取っ手をくっつけるなどの作業の時、接着剤の役割をするのがドベ。やわらかく水に溶かした粘土です。瀬戸の言葉でその様子を伝えるなら「シャビシャビ」の状態、最近の言い方なら「ジェル状」ということでしょうか。

     ドベなしで作業すると乾燥途中でぽろっと外れたり、焼きあがった後でも外れやすかったりします。使い方は接着面にキズをつけ、そこに糊を使うのと同じように筆でペタペタと塗ってくっ着ける。ちょっとした手間ですが、大切な作業です。

     

     「ヌタ」と呼んだり「ノタ」と言ったりもします(自分の中ではヌタです)。呼び方がいろいろあるのはものすごく身近なものであり、それぞれの陶房、作業場の中だけで使われてきたという背景もあるからと思います。陶房の中だけなら「アレ」で通じてしまうし、「名前なんてあったっけ」になってしまうかもしれません。

     

     陶芸をされている皆さん、陶芸教室に通っている皆さん、何て読んでいますか?陶芸に限らず、身近過ぎてそれぞれの家庭独自の呼び方があるものって他にも何かあるかもしれませんね。うちだけの呼び方のあるもの、そんなものを探すっていうのも、週末の家の中でのちょっと楽しい過ごし方かもしれません。

    | 作る | 14:51 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ