〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより725号「瀬戸焼の特徴って?」という話 | main | 瀬戸だより727号「辻晉堂の陶彫」という話 >>
瀬戸だより726号「家でも器を楽しもう」という話
0

     非常事態宣言も愛知県は解除になりました。瀬戸市内の小中学校は週明けからじょじょにスタートするようです。というものの、まだまだ油断は禁物。警戒は続けていかなければいけません。同じく解除になった県の皆さんも十分気を付けて、そしてまだ解除になっていない都道府県の皆さんはあと少しの我慢、出口はそこまで来ています。

     

     以前にお世話になった作家さんがこんなことをおっしゃっていました。「衣食住の食というのは、器を変えるだけで変化出来る。一番簡単によくすることが出来る」ということでした。

     

     実際の料理は外食はともかく、急に料理の腕が上がる、上手になるとかはなかなか難しく同じようなレパートリー…ということもありがちです。ステイホームで時間があるから、普段出来ない料理をクックパッドとかを見ながらチャレンジされている方もいらっしゃるでしょう。また、最近多くなっている飲食店からのテイクアウトでも食卓に変化を加えられる方法です。でも、新しい料理を作ってもいつもと変わらない器では変化の幅も感じにくい。テイクアウトの使い捨ての器のまま食事していては味気なさがある。この「瀬戸だより」を購読いただいている方は多少でも器というものに興味はあり方と思います。いつもの料理にアレンジをしたら、いつもの違った器に盛り付ければより変化を感じることが出来る。テイクアウトの料理を使い捨ての器からお気に入りの器に盛り直すだけで、よりおいしくいただくことが出来る(気持ちの問題と言えばそうですが)。

     

     料理が盛られる器というのは食事の質をより良いものにしてくれるはずです。よく言う「料理のひと手間」の中には器を選ぶというのもあると思います。

     

     ステイホームから(完全に)解放されたら、器を探しに街に出るのを楽しみにしてください。私たちもより楽しい器、素敵な器をお届けできるよう今は準備の時期だと思います。ぜひ、テイクアウトの料理や買ってきたお惣菜は手持ちの器に盛り直して楽しみましょう。盛り直す手間、洗う手間はかかりますが、かならずよりおいしく感じるはずです。食事を楽しむ時間は、器を楽しむ最高の時間でもあるのですから。ステイホームでも楽しみましょう!

    | 雑感 | 11:55 | comments(0) | - |









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ