〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより555号「話題になった件」という話 | main | 瀬戸だより557号「陶神と陶壁」という話 >>
瀬戸だより556号「土練機」という話
0
    瀬戸蔵ミュージアムに展示されている土練機(真空土練機)

     

     今朝は雪がうっすら積もった瀬戸でした。寒い日が続きます。

     我が家も風邪をひいたり、インフルエンザになったりと、体調を崩しがちになっています。みなさんも体調に気をつけてお過ごしくださいね。

     

     陶芸をされている方にはつらい季節です。氷のように冷えきった粘土。ろくろの横には昔から「かんぶろ」と呼ばれる木の桶が置かれています。かんぶろには昔なら炭を、今なら電気のヒーターを入れるようになっていて、ろくろ作業で水を手につけたり凍てつく手を温めたりしながらものを作ってきました。今でも昔ながらのかんぶろを愛用している作家さん、職人さんは多くいらっしゃいますね。

     実際の陶磁器作りの現場ではろくろの作業以外でも冷たい土を触る作業はもちろんたくさんあります。土を錬る作業は文字通り土に触り続ける作業です。土を錬るというのは、作業しやすい固さ(柔らかさ)に調整する、土全体が同じ固さになるようにする役割があります。さらに一度使用した粘土を再生する際にも錬る作業は必要です。

     陶芸教室に通ったという方なら聞いたことがあると思いますが、菊練りという土の中に含まれる空気を出すための練り方もあります。

     考えると陶芸という作業の多くの部分は土の管理ということに費やされているわけです(しかも冬は冷たい冷たい作業…)。

     陶芸のそういうつらい作業を助けてくれるのが「土練機」というものです。形式はいろいろあったようですが、今普通に見かけるのは大砲ような形でしょうか。大砲の胴の部分の上から粘土を入れると、砲身(筒)の中で金属製の羽で練りあわされ、筒の先から円筒状の粘土が出てくるというものです。さらにこれに真空ポンプをつけた真空土練機というものもあり、土の中の空気を抜く作業(菊練り)まで行ってくれます。

     

     土練機があるなしでは作業の効率が全く違いますね。というか基本的には必須と言ってもいいかもしれません。

     

     小さな電気窯を置いた我が作業場には土練機はありません。どうしても土の管理に手間を取られてしまうわけで、ずっと土練機がほしいと思っていますが、結構高価なわけでなかなか入手できないのが、実はずっと悩みです。

    | 作る | 23:25 | comments(0) | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ