〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより691号「せともの祭スタート」という話 | main | 瀬戸だより693号「瀬戸現代美術展2019」という話 >>
瀬戸だより692号「せともの祭から、来週は招き猫まつり」という話
0

     無事、せともの祭終了いたしました。ありがとうございました。

     

     今年のせともの祭の2日間は天候に恵まれ、特に土曜日は涼しい一日になったため朝から多くの人出がありました。もう夜の花火の時間には、こんなに人がいるのは「昔のせともの祭みたい」と思わず言うくらいの賑わいでした。

     「瀬戸だより」でも書きましたが、今年は地元瀬戸信用金庫さんの呼びかけもあり、会場でのキャッシュレス決済が話題になっていました。当店もその準備をしてお祭りに臨みました。2日間で16件のキャッシュレス決済がありました。周辺の出店者にちょっと聞いて比較すると、多かったように思います。駅前でクーポンの配布もあった効果で、実際にそのクーポンを使っての決済も多くありました。何かと話題のキャッシュレスですが、今後はこうしたイベントでも利用が普通に行われるようになる…そんな流れも感じました。

     キャッシュレスで決済したお客様が土曜日の早い時間にいらっしゃいました。その様子を知った地元テレビ局がキャッシュレスの取材ということで、ずいぶん長く当店の横で待機していました。次のキャッシュレス決済の客様にインタビュー出来るまで2時間半…無事にインタビューは出来ていましたが、粘り強い記者の取材姿勢に心打たれた気分でした。

     

     お客様の数自体は例年よりはるかに多かったのは間違いありません。売上というと、まあ例年並み。細かなお買い物をされるお客様が多かったという印象です。それでも、お値打ちに(普段使いに)使える抹茶茶碗を多く用意しましたが、興味を示されるお客様が多く、実際普段からお抹茶を楽しむと言われる方がずいぶん増えているように感じました。

     

     

     さて、せともの祭が終わってホッとしたのも束の間、来週末は「来る福招き猫まつりin瀬戸」が開催されます。当店は参加しませんので、純粋に楽しむ側に回ります。

     

    ■「来る福招き猫まつりin瀬戸」

    http://www.seto-marutto.info/wp-content/uploads/2019/08/1d894bdf97681e7ea41b9b2b85efec74.pdf

     

     人気の猫メイクは毎年多くの人が並びます。整理券も必要なところもあるようですので、メイク希望の方はお早めにメイク会場に行かれたほうが良いようです。

     

     

     せともの祭が終わると、季節が変わる気がしますが、今年は確実に秋にスイッチが替わったようです。季節の替わり目、体調管理にもお気をつけください。

    | 瀬戸のイベント | 13:46 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ