〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより684号「比較して鑑賞する」という話 | main | 瀬戸だより686号「せともの祭、1ヶ月前」という話 >>
瀬戸だより685号「住もまい!」という話
0

     ついに8月です!夏本番になりました。水分補給に気を付けて、夏を楽しみましょう!!

     

     瀬戸市の人口は13万人……と、人に聞かれると長年答えてきましたが、最近は緩やかな減少が続き7月1日付では129,504人(瀬戸市ホームページ)となっているようです。市内各所で新しい宅地が造成され、新しい家がたくさん建っているのですが、それ以上に旧市街(中心部)の人口減少が進んでいるように感じます。瀬戸に隣接している長久手市が住宅地として人気であるのに比較してちょっとさみしくもあります。

     ここ数年、市も新しく瀬戸で暮らすファミリーを獲得すべくプロモーション活動を続けています。先日も新しいパンフレットが市の施設に置かれていました。

     そういった時に瀬戸の魅力として紹介されている点は(1)名古屋の中心部(栄)まで名鉄瀬戸線なら30分ほど、愛知環状鉄道で豊田市や春日井市方面にもアクセス良好。自動車でも各方面の高速道路にも接続しやすい。(2)豊かな自然に囲まれている。(3)ものづくりの伝統がある。そして何より(4)地価が名古屋市内や近隣の市と比べて安い。ということです。

     地価に関しても(瀬戸市のパンフレットによると)名古屋市内の市街地が177,900円なのに瀬戸市内市街地は56,500円とかなり格安(平均価格 1平方メートルあたり)。中古住宅も探せば工房付など陶芸やその他の製作活動を行いやすい物件も多いようです(この点は瀬戸は強いです)。中心部から離れると車が必要な部分もありますが、逆に駐車場は複数台分も確保しやすいように思います。

     自然豊かでゆとりがある住環境ということで、子育て家族に市は特にアピールしているようです。ただ、来年開校予定で5つの小学校と2つの中学校を統合し新しい小中一貫の公立校が準備中です。魅力的な学校になるようですが、学区が広く通学距離が長めだったりと、実際開校してみないとわからないところもあり該当学区は期待しつつも要チェックかもしれません。

     

     瀬戸に住む魅力。間違いなく絶対と言えるのは「陶芸をやるには最高の環境」です!空き工房も探しやすく、各種材料や施設器具の入手、陶芸関連の教育機関や施設など充実……この点は間違いないと思います。

     

    ■瀬戸で住もまい!

    https://seto-life.jp/

     

     上記は瀬戸市が用意している瀬戸に住んでいただくためのサイト。「住もまい!」は瀬戸の言葉で「住みましょう!」。引っ越しや家の購入を考えていらっしゃる方、瀬戸も候補に入れてみてはいかがでしょう?

    | 話題 | 12:09 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ