〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより730号「『黄瀬戸』を読んだ」という話 | main |
瀬戸だより731号「どこか行きたい季節」という話
0

     梅雨入りしましたが、今年の梅雨は雨が続いたあとはカラッと晴れて夏の日差し……暑いなあと思ったらまた雨が、というオンオフがはっきりした梅雨のようです。長いステイホーム期間がありましたので、何か今年は季節とカレンダーにずれがあるように感じてしまってます。

     お知らせしたとおり今年のせともの祭は中止となりました。せともの祭、何しろ「密」です。特に花火の時間なんかは濃密です。残念ですが、今年の状況を考えれば仕方ないとは思います。まあ、それでも来年につながる何かを、ということでいろいろ検討されています。時期が来たら、こちらでもお知らせいたします。(今後、今まで同様に気楽に「陶器の法螺貝、吹いてみてねー」みたいなのは無理なんだろうなぁ)

     落ち込みがちな瀬戸の街ですが、こんな時に希望を与えてくれるのが藤井聡太7段になります。瀬戸市の出身(在住)ということで、また最近は瀬戸市内は盛り上がっています。初タイトル、それも最年少でのタイトル獲得に期待がかかります。やっぱり藤井7段、すごい。

    パルティせとの藤井7段応援コーナー

     

     

     梅雨と言いながらも、この季節の晴れた日は気持ちいいものです。外出自粛も緩和され、県をまたいでの観光も出来るようになってきました。出掛けたい気分になりますねぇ。

     昔、よく窯元ではこの季節に「今年は山行きはどうするの?」なんて声を聞いたものです。初夏の山は気持ちいいですからね……ということではなく、「山行き」というのは瀬戸では職場の慰安旅行のことです。もともとは瀬戸は山の神信仰があったようです。土も火(を燃やす薪)も山からの恵です。それに感謝するのは当然ですね。そのお参りを兼ねて、窯の仲間でお酒や弁当を持って楽しんできたのでしょう。それが時代を経て、慰安旅行のことを指すように変化したようの思います。

     今は瀬戸も窯元自体が少人数のところが増えてきたり、家族中心の窯元も多いので「慰安旅行」としての山行きも行うところは減ってきているように感じます。楽しく窯元の職人さんたちが山行きに行くのは窯のチームワークを見るようでいい雰囲気で仕事をされているように感じていました。

     

     さあ、私も個人的にどこか山行きしたいところです。こちらは瀬戸周辺の本当の山に登りに行きたいのですがね。

    | 瀬戸のこと | 15:17 | comments(0) | - |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ