〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより553号「荷造りこそが!」という話 | main | 瀬戸だより555号「話題になった件」という話 >>
瀬戸だより554号「この季節になると…」という話
0
    この季節、米粉を買ってくると「おこしもの」って書いてある

     

     この季節になると決まってかかってくる電話があります。特定の誰かからと言うものではない、誰かからの問い合わせです。

     「ホームページを見ているけれど、おこしものの型ってどこに売っているのでしょうか?」というものです。まあ多少の違いはありますが、必ず1本はかかってくる電話です。

     当店のホームページのアクセス数を見ても、1月末から2月中は「おこしもの」の作り方のページがぐっと伸びて来るのがわかります。「おこしもの」というのはひな祭りに瀬戸では欠かせないお供え物、食べ物となります。

     

    ■おこしものの作り方(加藤兆之助商店)

    http://web-setomono.com/q_a/qa_006.html

     

     米粉を練ったものを木型に入れて形を作り、色粉で色を付け蒸し上げる…素朴な食べ物ですね。これをお雛様にお供えして、固くなったものを餅のように焼いて醤油をつけていただきます。

     

     まだ1月というのにもうひな祭りの話?と疑問に思う方も多いでしょうか。いえいえ、来週末の2月4日からは瀬戸が雛であふれる「第16回 陶のまち瀬戸のお雛めぐり」がスタートします。3月5日までの1ヶ月間、雛に関係するイベントが続きます。

     瀬戸蔵にはこのイベントの象徴、高さ4メートルのピラミッド型のひな壇「ひなミッド」が登場。1000体を超える陶磁器、ガラスなどのお雛様が並びます。

     市内、会場近くの飲食店では雛にちなんだ特別メニューが用意されます。見る、そして体験するイベントも多数行われます。

     

    ■第16回 陶のまち瀬戸のお雛めぐり

    http://www.seto-marutto.info/event/hina/

     

     さて、当店へのおこしものの問い合わせですが、先のリンク先以上の情報は持っておりません。型の販売はしておりませんし、現在入手できるところも知りません。問い合わせいただいても期待にそえませんので……すいません……。

     

    | 食べ物 | 13:38 | comments(0) | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ