〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより567号「作風のベース」という話 | main | 瀬戸だより569号「いろいろな話題をまとめて」という話 >>
瀬戸だより568号「日本遺産認定」という話
0

     

     今週のニュース。「平成29年度の『日本遺産(Japan Heritage)』17件が認定され、『きっと恋する六古窯 −日本生まれ日本育ちのやきもの産地−』として瀬戸を含む6箇所の陶器産地が認定されました」……というニュース。

     

     ふむふむ。このニュース、ポイントになる2つのキーワードは「日本遺産」と「六古窯」でしょうか。

     

     まずは日本遺産。日本遺産のホームページを見てみますと……

     

    「文化庁では, 地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として認定し, ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の様々な文化財群を総合的に活用する取組を支援します。」(引用・日本遺産ポータルサイト)

     

    ……ということです。ストーリーというのがポイントのようです。文化財1点1点ではなく地域の文化伝統を物語として展開していくもののようです。世界遺産登録や文化財登録とは違い、保全が目的ではなく地域活性化が目的とも書かれています。まあ、その土地の歴史文化、伝統を利用した地域活性のための新しい取り組みということでしょうか。

     

    ■日本遺産ポータルサイト

    https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/index.html

     

     六古窯というのは、鎌倉・室町の時代にもうすでに生産を行っていた陶器産地で現代までも生産が絶えることなく続いている産地、となります。瀬戸、越前、常滑、信楽、丹波、備前がその6ヶ所。それぞれ産地によって土味や作られるものの特徴も様々なのですが、おおむね日本の陶器のルーツとも言えると思います。

     

     また、瀬戸と常滑は愛知県では初の日本遺産認定ということですね。

     

     日本遺産も六古窯も簡単に説明するとそんな感じなんですが、よくわからないのが「きっと恋する六古窯…」という部分。恋する?六古窯の前にどうしてこんなお見合いイベントのような6文字が付けられているのか?謎です。他の日本遺産のタイトルと比べて何か異質に感じます。これからこの日本遺産の六古窯として「恋」につながっていくということでしょうか?誰が恋するのか?

     

     そして、日本遺産の認定を活かして六古窯同士のつながりは深まったりするのか。今後にも注目の六古窯です。

     

    ■日本遺産に認定!「きっと恋する六古窯 −日本生まれ日本育ちのやきもの産地−」(瀬戸市)

    http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2017042500038/

     

     

    | 歴史 | 14:35 | comments(0) | - |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ