〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより568号「日本遺産認定」という話 | main | 瀬戸だより570号「新しい観光案内所」という話 >>
瀬戸だより569号「いろいろな話題をまとめて」という話
0

     

     

    昨日は瀬戸出身の中学生プロ棋士・藤井聡太四段がデビュー以来の連勝記録を17に伸ばしたというニュースがありました。市内に掲げられている連勝記録更新中の横断幕もまだまだ片付けられることはないようです。今回の彼の活躍は瀬戸はもちろん全国的にもニュースで取り上げられるなど話題になっていますが、注目の中でプロ棋士の対局がこんなにタイトな日程で続いていくことは知りませんでした。やはりプロの世界というのは大変ですね。

     

     今日と明日は瀬戸市の陶器の生産の多い赤津地区・品野地区で「赤津窯の里めぐり」・「しなの工房めぐり」が開催中です。春と秋に行われるこのイベント、普段はなかなか一般には見ることができない窯元・作家の工房が開放されるということでリピーターの多い人気のイベントになっています。

     展示即売のほか、様々なおもてなしなども用意されています。

     今日は天気がはっきりしない一日でしたので、人出はどうだったでしょうか。

     

     こういったイベントは瀬戸に限らず様々な産地などで行われていると思います。最近は陶芸教室などで自作の陶芸作品を楽しむ方も多いようで、窯元・作家さんに作り方などを細かくたずねる方も少なくないようです。ただ、そこで時間をかけて(その間、作家さんが他のお客様に対応できない)質問するだけでなく、参考にと無断でいくつか写真に撮って帰っていくような方もいらっしゃるようです。イベントだからそんなことくらいと思われるかもしれませんが、窯元や作家さんによってはあまり気分がよくないと感じることもあるようです。

     お祭りやイベントを盛り上げる、長く続かせるというのは主催する側はもちろんですが、参加するお客様の盛り上げがあってのことだと思います。今年も様々なお祭り・イベントが瀬戸で行われますが、関わったすべての人がよかったと思えるものになればと思います。

     

     9月に行われる招き猫まつりでの「にっぽん招き猫100人展」。今月末が出展の締切になっているようです。出展を準備されている、予定されている方は忘れないように!

     

     瀬戸のイベントに華を添えていただいているミスせとものの募集が15日からスタートします。

     

     今回は様々な話題を取りまとめてお届けしました。 

     

    | 話題 | 00:06 | comments(0) | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ