〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより573号「曜変の小宇宙」という話 | main | 瀬戸だより575号「連勝記録とか観光案内所とか」という話 >>
瀬戸だより574号「すごい!モザイクタイルミュージアム」という話
0

     

     さて、26連勝ですね。今週も勝ちました藤井聡太四段。ここまで来たら、新記録どころかぐんと記録を伸ばすところまで行ってほしいです!!

     

     

     時々、美濃の方まで仕事で出かけることがあります。その時、気になる施設がありました。モザイクタイルミュージアム。1年ほど前にオープンしています。

     

    ■モザイクタイルミュージアム

    http://www.mosaictile-museum.jp/

     

     このモザイクタイルミュージアムがある笠原という土地は、今は多治見市の一部になっていますが、以前は笠原町としてひとつの町でした。この土地で大正あたりから始まったタイル生産、今も多くのタイル工場があります。

     陶磁器といっても器だけではありません。このタイルというのも「やきもの」の分野の一部です。

     

     このミュージアム、建物自体がすごくユニークです。藤森照信氏による設計なんですが、言葉で表すなら「山をかまぼこみたいにスライスしたような土の壁」という形なんですが、うまく伝わるでしょうか。

     その中央にある小さなドア、細いくねくねとした小道が行き着くその何の表示もない小さなドアがミュージアムの入り口です。

     

     平日の昼間だったのですが、結構な数の来場者がいらっしゃいました。外観だけでなく内側も凝った作りになっていて、4階まで上がり展示を見ながら降りてくる、そんな作りでした。

     

     細かなタイルでいろいろな絵が描かれている…昔の銭湯などで見かけた懐かしい風景などのタイル絵。一般の家庭などで見かけた、浴槽、流し、かまど周りなど思い起こせばかつては様々な身近なところにタイルは使われていたことを思い出します。また、大きめもタイルに上絵で描かれた鯉や花などの絵タイルも展示されていました。建築の外壁などに使われる最近の建材としてのタイルなどまで、タイルの歴史や製造法、種類までタイルの世界の深さが体感できる展示でした。ミュージアムショップではタイルの販売、組み合わせて貼るなどの体験できる(有料)コーナーもありました。

     

     通りがかりで寄ってみた、という今回の訪問でしたが、次はじっくり時間をかけて再訪したいと思いました。

     いやあ〜、展示もそうだけど、建物に圧倒されましたよ。

    | 展示感想 | 23:11 | comments(0) | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ