〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより579号「せともの祭の9月に向けて」という話 | main | 瀬戸だより581号「瑠璃釉」という話 >>
瀬戸だより580号「瀬戸焼について完結に」という話
0

     

     暑い日が続いています。7月ももう終わりですね。猛暑の8月になるか、台風とゲリラ豪雨の夏になるか…。

     

     

     瀬戸焼、瀬戸について学びたい、知りたいと思った時に参考にと聞かれた時にオススメの一冊が数年前にまとめられた「瀬戸焼ハンドブック」。一冊に歴史から技術から、文字通り瀬戸と瀬戸焼のすべてをまとめたと言ってもいい内容です。

     私も多少はかかわらせていただいた本です(まあ数回の編集会議に顔を出した程度ですが)。 

     陶祖800年祭に合わせて企画編集されたものですが、今でも瀬戸市文化センターなどで入手が出来ます。その後の瀬戸焼検定の参考書としても活用されています。

     

     最近、それよりも簡単にシンプルに瀬戸焼をシンプルに纏めたものを見つけました。瀬戸市内の駅や施設などに置かれている「瀬戸焼千年の歩み −その絶え間ない進歩−」というA4サイズにたたまれた8ページのパンフレットです。

     裏に瀬戸市美術館と記されているので瀬戸市美術館の編集となるもののようです。簡単に瀬戸の街の歴史、陶祖磁祖、瀬戸焼のできる工程や代表する釉薬などが写真を交えてうまくまとめてあります。

     表紙が出来上がりの陶芸作品の何かではなく、瀬戸の採土場の荒涼たる光景となっているのもとてもいい感じです。瀬戸の陶磁器づくりの原点がこの鉱山ですからね。

     

     「瀬戸焼千年の歩み」……同じタイトルの企画展が今年の4月・5月で瀬戸市美術館で開催されているので、その企画展に合わせて作られたものだと思います。ということならば、いつまでこれが入手できるかはわかりませんが、瀬戸の街角で(駅とか公共施設とかで)見つけたら手にとってみてください。なかなかここまで完結に瀬戸焼をまとめたものはないと思います。

    | 雑感 | 12:01 | comments(0) | - |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ