〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより581号「瑠璃釉」という話 | main | 瀬戸だより583号「いつからせともの」という話 >>
瀬戸だより582号「旧山繁商店について思う」という話
0

     

     瀬戸市の広報誌「広報せと」8月15日号は「旧山繁商店の保存と活用に向けて」とした特集が掲載されています。

     

    ■広報せと(瀬戸市)

    http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2017081000018/

     

     ざっと説明します。江戸時代まで尾張藩が行っていた瀬戸の陶磁器の流通というものが明治以降は「民間」の問屋が自由に流通を行うことになります。瀬戸市内(当時はまだ「市」でもないんですけどね)にも産地に根ざす問屋が次々誕生します。そして中には成功し大きく成長する問屋もいくつか生まれます。その代表的な1軒が山繁商店です。明治・大正・昭和・平成の時代を、その時代その時代の瀬戸の製品を全国に(世界に)届け続けてきたのです。

     その山繁商店の土地と建物などを昨年瀬戸市が公有化、その活用法を今考えている…というということです。

     市内中心部にある大きな空間(土地)。明治以降の瀬戸の陶磁器とその流通に関する歴史的価値のある建物。国登録有形文化財としての登録も済んでいます。

     

     私個人の思うことをちょっと書きます。

     すごく貴重な資料だと思います。今まで瀬戸市が瀬戸の歴史を語る上で文化財として残してきているものは、製品としての(美術工芸としての)陶磁器やその生産に関するものが多く、なかなかその流通に関するものというのはあまり注目もされてきていなかったという印象があります。

     陶器の代名詞ともなっている「せともの」という言葉。全国津々浦々までせとものといえば(瀬戸のものでなくても)陶器をさすほど当たり前に使われています。いつから今のように「せともの」という言葉が使われるようになったのかはわかりませんが、これは「瀬戸」の製品がいかに人気があり信頼されるブランドであったかという裏付けであることは間違いありません。

     良品を作り続けてきた瀬戸の陶工たちの努力があったことは間違いありません。ただ、その優れた製品を全国まで運び、広めてきたのは間違いなく産地問屋の努力も同じくあったと思います。

     先週の「瀬戸だより」で紹介した瑠璃釉の展示でも、江戸からの特注で作られて、瀬戸から届けられた(高価な)植木鉢もケースの中にありました。このような例はよく目にします。

     江戸時代までは尾張藩の御用の問屋。まだ山賊だっていた時代に全国にサンプルを持ち足を運び(そう、文字通り足で)注文を取り届けてきた先人の努力。明治以降も瀬戸の産地の問屋が引き続き、良品を正しい(妥当な)価格で届ける…その真面目な取り組み、その繰り返しが「せともの」という名・ブランドを日本中に浸透させたと思うのです。

     今日までせとものを育ててきたのは生産を行う陶工たちと流通を任された産地問屋の二人三脚だったことは間違いないと思います(他にも縁の下の力持ちとして影で支えた先人は他にも多いと思います)。

     

     せとものを語る中で、流通という視点で語られることが少ないのは残念です(まあ物としては残らない、目にしにくい部分ではあるので仕方ないことではありますが)。今回のこの旧山繁商店の保存活用が単なる瀬戸の歴史、せとものの近代史というだけでなく、せとものの流通の歴史というものを理解する施設になればと期待しています。

    | 瀬戸のこと | 10:24 | comments(0) | - |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ