〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより583号「いつからせともの」という話 | main | 瀬戸だより585号「来週はせともの祭」という話 >>
瀬戸だより584号「釜戸長石」という話
0

     

     さあ、8月もあとわずかです。

     子どもたち!宿題は終わっていますか?

     

     9月に入れば、せともの祭から招き猫まつりとイベントが続く瀬戸です。

     尾張瀬戸駅前のパルティせとに今週はせともの祭を盛り上げる「せともの人形」が登場しました。お祭りに向けてこれからしばらく忙しくなりそうです。

     

     

     先日気になるニュースが。岐阜県瑞穂市釜戸町の中央自動車道で車4台が巻き込まれる土砂崩れがあったというものです。

     

    ■土砂崩れ4台巻き込む 瑞浪市、中央道11人重軽傷(岐阜新聞)

    http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170819/201708190709_30298.shtml

     

     釜戸という地名、陶芸・窯業に関係している方なら聞いたことがあるのではないでしょうか?一般の方には「釜戸長石」というのは聞いたことはないかもしれません(当たり前です)。

     釉薬の調合にはよく登場する原料です。私も陶芸の勉強をしている学生時代は調材実習で日々ゴリゴリと乳鉢で調合していました。

     

     瀬戸では釉薬は「草木の灰をベースにして調合する」というのは以前にも書いたと思います。様々な植物の種類によって特性が違い、そこに鉄や銅などの発色する成分を加えて…というのが、(まあ簡単に言っちゃえば)釉調合の流れなんです。が、ただ灰(ちゃんと水簸して生成したものですよ)だけでは溶けすぎて流れてしまって釉としては使えないのです。そこで釉の溶け具合、流れ具合を調整するのが「長石」役割となります。長石にもいろいろ種類があるのですが、中でも一般的なもののひとつが釜戸長石になります。

     

     今回の事故の原因は近くの原料工場にあった産業廃棄物だったようですが、釜戸で山が崩れて白っぽい土砂が…と聞くと最初は大量の長石が…とか想像してしまいました。まあ、実際に釜戸で長石が採掘されていたのはずいぶん昔のようで、もうすっかり今は掘り尽され枯渇してしまっているようです。現在釜戸長石として使われているものは、成分分析に基づいて他の原料を用いて調整されているものと思います。

     

     美濃焼産地の中心のこのあたりは地図で見るといろいろと陶器作りでお世話になっている土や原料の名前で馴染みの地名がいくつか見られるのは興味深いものがありますね。

    | 雑感 | 10:26 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ