〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより636号「せともの祭は磁祖のまつり」という話 | main | 瀬戸だより638号「今日明日はせともの祭!」という話 >>
瀬戸だより637号「さあ、来週はせともの祭」という話
0

     

     いよいよ来週末はせともの祭本番です。

     かなり強力な台風が接近中ということですが、週半ばのに通過していく予報です。お祭り直撃ではないことをほっとするとともに、通過に伴う被害などが心配されます。今週はお気をつけてお過ごしください。

     週末は台風一過の青空と秋風を感じる気候になるのを期待しています。

     

    ■せともの祭

    http://www.seto-marutto.info/event/setomono/

     

     ということで、せともの祭の準備に忙しく過ごしています。

     当店の今年の廉売市出店場所は瀬戸川北岸を尾張瀬戸駅から東に進んだ「ツチヤスポーツさん前」となりました。

     普段から扱っている瀬戸の窯元や作家さんたちの器などはもちろん、この日のために集めてきた普段使いの器もお値打ちに販売いたします。なんか今年は少しだけ難ありのアウトレット食器が多く集められたように思います。使う分には何の問題もない、と言うよりも私たちが検品していても「え、ここが問題になるの!?」「ん、どこがいけないの?」というレベルのものが多くあります。それもお祭りということで、納得いただければ超お値打ちでお買い求めいただけます。「どこが?」「なぜ?」「値段は?」などご質問お問い合わせは当日大歓迎です!!

     また、瀬戸でかつて作られていた大きなすり鉢はもちろん今年も登場。瀬戸の「本業」と呼ばれた実用的な陶器作りの技を感じていただきたい(30年以上前に作られ倉庫に眠っていた、これもアウトレットだね)。

     そして、毎年ちょっと変わった作品を展示販売もしています。以前よりの「せともの法螺貝」(鳴りますよ!)や去年好評いただいたリアルなたい焼き(せともの)も今年はたくさん用意しました(昨年は後半はほぼなくなって、追加のリクエストに応えられなかった…)。さらにリアルなパン(の皿?)も準備しました。まあ、話の種やせともの祭の思い出にぜひご覧ください!

     

     というわけで、来週末8日土曜・9日日曜のせともの祭廉売市会場でお会いしましょう!ご来店の際はぜひお声掛けくださいね!!

    | 瀬戸のイベント | 16:10 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ