〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより632号「釉の変化」という話 | main | 瀬戸だより634号「器の変化」という話 >>
瀬戸だより633号「ガラスの夏」という話
0

     言いたくはないですが、暑いです。皆さん、しっかり水分とっていますか?

     

     9月のせともの祭まで、ほぼ1か月となりました。来週早々には出店場所の抽選も行われ、準備も本格的にスタートです。また、廉売市出店について場所など詳細が決まりましたら、この瀬戸だよりや当店HP、Facebookでお知らせします。

     

     さて、瀬戸はご存知の通り、陶磁器の街として長い歴史を持ちます。この陶器も磁器も生産しているというところは、他の産地とは違う瀬戸の特徴でもあります。さらにガラスの生産も…という面もあります。

     瀬戸の鉱山、もちろん粘土を産み出す山なのですが、同時にガラスの原料でもある珪砂を産出しています。近年は瀬戸に工房を開くガラス作家さんも多く、市の新世紀工芸館では陶磁器と並んでガラスを学ぶ人も多く、またその作品も展示されています。

     

     今月(今日4日スタートだ!)と来月はGlass Festival in SETOが開かれます。と言うものの、このイベントを知ったのはつい数日前に市内の施設に置かれていたチラシを見てのことです。瀬戸蔵、新世紀工芸館、瀬戸市美術館などでシンポジウムや展示、体験などが行われ、海外からも何名もの作家が招待されているいるようです。

     瀬戸市美術館での展示「ガラス表現の今 GEN―ガラス教育機関―作品展」の案内を見ていると、20年前の1988年に世界のガラス作家の集まりであるGAS(Glass Art Society)の年次総会が、日本で初めて瀬戸市で開催されたことが書かれています。それが今回の企画にもつながっていっているようです。

     このGASの総会のことはよく憶えています。その総会の内容などは知りませんが、瀬戸を拠点にされているガラス作家さんたちが中心になり、ガラスはもちろんジャンルを問わない作家たちがたくさん集まり、商店街のショーケースや店舗などを利用し街全体で行われた「道の美術館」が印象に深く残っています。私も友人とふたりで写真展を空きアパートの一室を借りて行いました。もともと社宅として作られたというアパートはそれぞれの部屋が作家の個性に染まり、楽しくすばらしい体験ができました。その展示を機会に出会い、その後につながる人の輪も出来ました。

     あの夏から20年も経つことが感慨深いです。あの企画を立ち上げた方々のパワーはすごいと感じていましたが、その後も街や商店街に展開する展示イベント、美術イベントはいろいろな方が中心になって色々と行われています。市の行っている「まるっとミュージアム」の構想にも近い部分があると思います。そういった街とアートを直結させるイベントの嚆矢となったように私は思います。

     夏の暑さを忘れる涼しげなガラスの展示。ぜひ楽しんでみてはどうでしょう。 

     

    ■「ガラス表現の今 GEN―ガラス教育機関―作品展」

    http://www.seto-cul.jp/information/index.php?s=1531820881

     

     上記以外の全体に関する情報はネット上には用意されていないようで……私が見つけられないだけかな。

    | 展示感想 | 16:25 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ