〜せとものの話をしませんか〜「瀬戸だより」保存版

瀬戸の陶磁器店・加藤兆之助商店が発行しているメールマガジン「瀬戸だより」の保存版です。瀬戸のこと、焼き物のことなど、毎週土曜日お届けしています。
http://web-setomono.com
<< 瀬戸だより626号「陶生病院の壁画・ふたたび」という話 | main | 瀬戸だより628号「横山美術館に行ってきた」という話 >>
瀬戸だより627号「せともの祭に向けて」という話
0

     大阪北部地震で被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。

     

     

     6月も半ばを過ぎ、いよいよ梅雨本番という天気が続いています。

     月が替われば9月のせともの祭に向けての準備が本格化していきます。

     今年のせともの祭は9月8日土曜と9日日曜となっています。

     

     先月、組合(瀬戸陶磁器卸商業組合)で廉売市実行委員会が行われました。いくつかの変更点はありますが、概ね申し込みの内容は例年通りです。

     大きな変更点は申し込みが昨年までは決められた日・時間(一日で午前中)のみだったものが(一般の申し込みは)7月9日から13日という幅が作られたことです。また申し込みも持参のみでなく「郵便振替」も可能になりました。

     これは出店の資格が広げられ、遠くからの出店者も増えてきたことに対する変更になると思います。遠くからの出店を考えている方には負担が減りますね。

     

     しかし、せともの祭当日まで全く瀬戸に足を運ぶ必要がなくなった、というわけではありません。8月に設定されている廉売市の出店場所の抽選会には来ていただくようになっています。くじを引いて場所を決めるというだけでなく、注意事項に関しての説明が行われるためです。出店の準備作業や出店のルール、片付けに関することなど重要な説明となります。お祭り当日安心して出店できるよう、次年度以降に問題を残さないよう変更点など重要なルールになりますので、必ず参加をお願いします。

     

     週明けの25日から廉売市申込書の配布が始まるようです。組合員(当店もだ)や以前からの出店者には郵送で届いているかもしれません。

     せともの祭廉売市に参加を考えている方は申し込みを忘れないようにお願いします!(今週はなんか業務連絡のような内容でした)

     

    ■瀬戸陶磁器卸商業協同組合(まだ今年のせともの祭の情報はないですが)

    http://seto-tosyo.jp/

    | 瀬戸のイベント | 16:42 | comments(0) | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    + ●ご注意
    このブログの内容は加藤兆之助商店の発行するメールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー(保存版)になります。 文章は発行当時の内容になっています。日付など内容にはご注意ください。記事の全文あるいは一部を無断で転載・複製は禁止します。 http://web-setomono.com
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ